映画大好きなんで、新しい作品から古い作品、サスペンスからアニメまでジャンルを問わず紹介していきます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4378d0dd-s.jpg

おすすめ度:★★★★☆

【STORY】
昭和42年「週刊少年サンデー」で発表された手塚治虫の最高傑作とも
言われている怪奇漫画を実写映画化したアクション時代劇。
体の48か所を魔物に奪われた百鬼丸が、体を取り戻すために男装した
泥棒“どろろ”とともに魔物退治の旅に出る。
主演の百鬼丸役に『涙そうそう』の妻夫木聡、どろろ役に『県庁の星』の
柴咲コウを迎え、初の本格的なアクションを披露する。
男女間の微妙な心情を強調したドラマや総製作費20億円以上を投入した
驚異の映像が見もの。

映画ブログランキングへ



この映画は、手塚治虫の同名マンガを実写映画化した、
アクション時代劇ムービーです。

ストーリーを軽く説明すると、体の48ヶ所を魔物に奪われた百鬼丸が、
自分の体を取り戻す旅の途中で男装した泥棒どろろと出会い、
一緒に魔物退治の旅をする事になった。って感じですね!


まず、結論から言うと


かなりおもしろかったよ\(^O^)/


魔物との戦いの時のCGや、ワイヤーアクションが良かったのはもちろん、
最初は冷酷で他人を寄せ付けないオーラが出まくっていた“百鬼丸”が、
自分勝手で人の心の中にズカズカと入ってくる“どろろ”と
行動している内に、とても人間らしくなっていくとこなんて、
ほんと良かったですね!

特に、初めて百鬼丸が笑顔を見せたシーンなんて、
男のオレも惚れました(笑)



いや~、マジ妻夫木カッコ良いっす\(*^▽^*)/



そして、柴咲コウさんですね!

今作では、砂にまみれ、泥水の中を転がり、返り血を浴びるなど、
とても汚いシーンが多いわけですよ(^。^;)

オレの中でそういった役はやらないイメージがあったんで、ほんと
見直したし、かるく尊敬しました♪


そして、喜怒哀楽がハッキリしてて、自分の感情を抑えられない“どろろ”
という泥棒も、すごい魅力的でしたし!


きっと、この二人は実生活でもうまくいっているんだろうなo(^o^)o


そして、キモカワイイ“百鬼丸”の赤ん坊のシーンは必見ですよ(笑)

人気blogランキングへ

■カンタン応募で当たる≫≫■オリジナル映画鑑賞券≫≫■ペア100組200名様
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ
個人的には、映像のチープ感がどうも納得いかなかったんですが・・・(苦笑)。
でも今まで全く興味のなかったブッキーを初めてカッコイイ!と思える作品でした!

なかなか楽しめるエンターテインメントになっていたと思います♪
2007/02/14(水) 23:22 | URL | 睦月 #-[ 編集]
こんにちは!
怪獣みたいな魔物にはビックリしましたが(笑)、面白かったですね~
妻夫木君がカッコ良かったです。
続編もありそうですね。楽しみです♪
2007/02/17(土) 15:25 | URL | 由香 #25z4tCOE[ 編集]
★睦月さんへ
コメント&TBありがとうございました♪

たしかに映像のチープ感は否めないですよね(苦笑)

でも、ほんとマンガのような映画で、エンターテインメント性の高い作品だと思いました♪

それにしても、ブッキーはカッコ良すぎですよ!!
2007/02/18(日) 22:35 | URL | カっツン #-[ 編集]
★由香さんへ
コメント&TBありがとうございました♪

たしかに怪獣みたいな魔物でしたよね(笑)
でもほんと、妻夫木君はカッコ良いし、柴咲コウさんも良い雰囲気でしたよね!!

やっぱり続編はありそうですか~!?
公開したら僕も観に行くと思いますo(^o^)o
2007/02/18(日) 22:39 | URL | カっツン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。