映画大好きなんで、新しい作品から古い作品、サスペンスからアニメまでジャンルを問わず紹介していきます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーラス メモリアル・エディション
アミューズソフトエンタテインメント (2005/12/22)
売り上げランキング: 441

                  おすすめ度:★★★★★
【STORY】
1949年フランスの片田舎で、失業中の音楽教師が、寄宿舎に赴任してきた。
素行不良で家族と暮らせない子供や親のいない子供が生活する学校で、
彼は生徒たちの嫌がらせに辟易しながらも、子供たちの暗い瞳に
希望を与えたいと、合唱団を結成し、歌を歌う喜びを教えることに。
最初は半信半疑だった生徒たちも次第に歌に夢中になっていく。


ブログランキングランキングオンラインへ


この映画は『池の底』と呼ばれる寄宿舎にマチューという

先生が来て、生徒達に音楽の楽しさを教えるという話です。


コーラスの感想】


まず、『池の底』と呼ばれる寄宿舎はほんと問題児ばかり集まる

寄宿舎なんだけど、校長がまたひどいんですよね。

典型的な独裁ぶりで、生徒や先生達も自分の気分で罰するし。


そして、問題児ぞろいだから当然最初はマチューも手を焼くんだけど、

ある生徒がマチューの悪口を歌にしていたのを聞き、

生徒達を手なずける意味も込めて合唱団を結成する。


そこで、モランジュという素晴らしい才能を持った美声の少年に気づく。


しかも、モランジュの母親がすごくキレイなんですよね♪


そこはマチューも一人の男。

速攻で恋に落ちちゃうんですけど…。


途中、モンダンという問題児が転校してきたり、

校長から歌を止めさせられる寸前まで行ったりと、

危機があったけどなんとか合唱を続けていたマチューと生徒達。


その意外な結末は突然訪れるんで、是非実際に観てほしいです!


コーラスの素晴らしいシーン】


やっぱり合唱シーンですよね!


特にモランジュ役を演じるジャン=バティスト・モニエの美声。

実際に『サン・マルク少年少女合唱団』のソリストらしく

ほんと素晴らしいですよ。


美しい母親に近づくマチューに嫉妬しインクをぶつけたり、

一旦はソロをなくされたけど、演奏会で歌わせてもらった時の

うれしそうな顔など、


彼の為の映画なんじゃないかな!?


って思うぐらいの存在感でした♪

sb1.jpg

彼が美声の持ち主ジャン=バティスト・モニエです!


後、マチューが学校を去る時に、生徒達が紙飛行機に

メッセージを書いたシーンや、最後にペピノがマチューに着いて行くのが

土曜だったってシーンが良かったですね!


ほんと、しっとりとした映画で、合唱シーンも素晴らしいので、

是非お薦めしたい作品です(^^)v


ただ、彼が変声期を迎えたらどうなるのかちょっと気になります…。

人気blogランキングへ


【独自に選ぶ関連作品】
  • 天使にラブ・ソングを…

  • 天使にラブ・ソングを 2

  • 海の上のピアニスト

  • スウィングガールズ

  • スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    私も大好きです
    全然、派手さはないし、最初から展開が読めるといえば読めるんだけど、やっぱりいい映画だったなーと思う作品でした。

    特にコーラス場面は最高ですね。あんな綺麗な声が聞けるだけでもこの映画を見る価値はあると思いますが、ストーリーも素朴で淡々としてますが、心を打つものがありました。
    2006/11/27(月) 23:12 | URL | Yuhi #-[ 編集]
    こんばんは!
    ★Yuhiさんへ
    コメントありがとうございます♪
    ほんと、モランジュの美声は圧巻でしたよね!
    それと、最後にペピノがマチューに付いていくとこなど、随所に感動できるとこもありましたよね!
    2006/11/28(火) 18:41 | URL | カっツン #-[ 編集]
    心に響く美しい声でしたね。
    歌ってやっぱりいいなぁとしみじみ感じます。
    学校を去っていく先生に紙飛行機を贈る子供たち。
    これもクラスが団結した証ですよね。
    少年たちの間にも少年と先生との間にも
    熱い絆が生まれたのが見て取れて
    嫌な校長はいたけれど最後は爽やかな気分になれました。
    2007/01/14(日) 16:34 | URL | ジュン #6ZS2/17k[ 編集]
    ★ジュンさんへ
    初めまして!
    コメント&TBありがとうございました♪

    ほんと心に響く歌声でしたよね!!
    それに、マチューが学校を去る時、心のどこかで見送りを期待していたと思うんでけど、それが出来ない生徒達が紙飛行機で見送るなんて、ほんと感動でした♪

    では、これからよろしくお願いしますね!!
    2007/01/16(火) 17:30 | URL | カっツン #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。