映画大好きなんで、新しい作品から古い作品、サスペンスからアニメまでジャンルを問わず紹介していきます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シュガー&スパイス~風味絶佳~VISUAL BOOK

SDP(スターダストピクチャーズ)

                       評価:★★★★☆

【STORY】
山田詠美の短編小説「風味絶佳」を原作に、うぶな青年の
初恋と失恋、成長を見つめたラブストーリー。
もどかしくも初々しい恋の行方を、『冷静と情熱のあいだ』の
中江功監督が繊細に描き出す。主演は、『誰も知らない』で
カンヌ国際映画祭最優秀男優賞を史上最年少で受賞した柳楽優弥。
初恋の相手役を、『パッチギ!』で数々の映画賞を総ナメにした
沢尻エリカが演じる。主題歌を歌う人気ロックバンドの
オアシスが、初めて邦画に楽曲を提供したことでも話題を呼んでいる。


続きはネタバレもあるので気をつけて下さい!
最近、歌にドラマに大人気の沢尻さん主演の映画ですね!


正直、全く期待してなかったんですが、僕的にはかなりおもしろかったです。


CMでは、「すべての女性に観てもらいたい」みたいなノリでしたが、

むしろ男に観てもらいたいと思いました!


では、どんなとこが男に観てもらいたいかと言うと…


【シュガー&スパイス~風味絶佳~の感想】


内容的には、順調に付き合っていた彼女に、元彼から寄りを戻したいと言われ、

結局振られてしまう。


その悲しい恋愛から男はいろいろ学んで成長していくんだね!っていう、

同じ男として悲しい内容です。


この主人公は、ほんと彼女思いの優しい男なのに、ヒドい事をしたであろう元彼を

女は選ぶ。


男だったらきっと、誰でも思い当たる節がある女心の難しいとこですよね!


さらに、沢尻が柳楽と元彼の間で揺れている時に、柳楽は沢尻の事を思って

信じて待つだけで、メールも電話も何もしないしくさい言葉も言えない。


かたや元彼は、「オレにはお前しかいないし、お前もオレじゃないと無理」

とか言ったり、積極的に迎えに来る。


やっぱりどんなに思っていても、言葉や行動で示さないと駄目なんだよなぁ。


僕も同じような苦い経験があるんで、柳楽とシンクロして悲しくなっちゃいました。


んで、結構良いセリフがあるんですよね。CMでは沢尻さんが言ってるのに、

なぜか本編では夏木マリが言う、タイトルにもなっている「シュガー&スパイス。

男は甘いだけじゃ駄目、スバイスが必要!」
って言葉は深かったなぁ~。


それを聞いた柳楽の「スパイスなんていつ使えばいいんだよ」っていう

心の声がマジうけたし!


それと、沢尻が言った「女のイヤはイヤじゃない」「イヤって言葉も、

世界で一人の人にはイイヨの意味になる」
(大体こんな感じのセリフ)

って言葉も名言でした!


女性からしたらすごく当然な意見だと思いますが、女心を知るって意味で

男の人が観てみるのも良いんじゃないかな!って思います。


最後に、この映画の本当の主人公は夏木マリですよね!ほんと存在感あ
りすぎでした。

ブログランキングランキングオンラインへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/06(金) 10:26 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。