映画大好きなんで、新しい作品から古い作品、サスペンスからアニメまでジャンルを問わず紹介していきます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウィンブルドン
ウィンブルドン
posted with amazlet on 06.11.29
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2006/06/23)
売り上げランキング: 6391

おすすめ度:★★★☆☆

【STORY】
6月のウィンブルドン、イギリス中がテニスに沸いている中、
コートに向かう一人の男がいた。
ピーター・コルト、かつては世界ランク11位だったが、今は119位。
この大会で引退を決意していた。ホテルに着くと、部屋には注目の若手選手、
リジー・ブラッドベリーがいた。フロントがキーを間違えたのだ。
慌てて出て行こうとするピーターを、リジーが呼び止める。
リジーもピーターを知っていたのだった。
リジーに恋をしたピーターは、試合にも勝ち進んで行った。
しかし、2人の姿をマスコミが追うようになり…。

映画ブログランキングへ


ウインブルドン。
テニスをやった事がない人、また好きじゃない人も一度は聞いた事が
あると思います。

僕もテニスは遊び程度でしかやった事がないのですが、
それでも充分楽しめる映画でした。

そして、今作のテーマは恋愛との両立です。

これはテニスだけに限った事ではなく、いろんなスポーツに
当てはまる事ではないでしょうか。
昔から言われてる事で、恋愛をするとモチベーションが下がる、
試合に集中出来ないといった弊害が出てきてしまうという事ですが、
きっと二つのタイプに別れるんでしょうね!


恋愛をうまくプラスにして、ますます磨きをかけるタイプと、
どっぷり恋愛にハマり自分を見失い、試合にも影響するタイプ。



この部分がうまく描写されていましたね!


32歳のローカル選手で、今大会で引退を決意したピーターは、
リジーと恋愛した途端に試合に勝てるようになる。
きっとリジーはアゲマン(古いかな?(^。^;))だったに違いない。

かたやリジーは、自分でも認識してるぐらい、
恋愛をすると調子を落としてしまう…。


そんな対照的な二人の姿が、テニスを通してうまく描かれています。


そして、この映画を撮るに当たって、実際のウインブルドンの会場を
使わせてもらえたっていうのは大きいですよね!
やっぱり、似たようなセットとかでやるのとは迫力が違うだろうし。

まぁ、試合のシーンはほぼCGによる合成なんだけど、
全くと言って良いほど気にならなかったですね。
そこまでリアリティーを求めてなかったっていうのと、
役者さん達がうまく演技してくれたおかげですね。


実際、ボールがない状態の中、いかに違和感なく試合を
しているように魅せるかを考えると、感心しながらも
ちょっと笑えました♪



だって端から見たら、ネット際で二人してただラケットを
振り回したり、ただ飛んでみたりしてるだけですからね(笑)



でも、その甲斐あって見応えあるシーンになってました。

ほんと、単純に楽しめる映画になってるんで、
是非チェックしてみて下さい!

人気blogランキングへ

■カンタン応募で当たる≫≫■オリジナル映画鑑賞券≫≫■ペア100組200名様
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。