映画大好きなんで、新しい作品から古い作品、サスペンスからアニメまでジャンルを問わず紹介していきます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦場のピアニスト
戦場のピアニスト
posted with amazlet on 06.12.05
アミューズソフトエンタテインメント (2003/08/22)
売り上げランキング: 8202

おすすめ度:★★★★★

【STORY】
1940年、ナチス・ドイツがポーランドへ侵攻した翌年、
ユダヤ系ポーランド人で、ピアニストとして活躍していた
ウワディク・シュピルマンは家族と共にゲットーへ移住する。
ゲットー内のカフェでピアニストそしてわずかな生活費を稼ぐも42年には
シュピルマン一家を含む大勢のユダヤ人が収容所へ送られた。
だが運命の悪戯か、ウワディク一人が収容所へ連れられる人々の列から
外れ、収容所送りを逃れることができた。
しかし彼にも、生きるも地獄捕まるも地獄の日々が始まる…。

映画ブログランキングへ

以前からずっと気になっていたこの映画。

知っているのはタイトルが有名って事だけで、
他には何の予備知識もないまま観ました。


そのおかげで、始まってすぐ打ちのめされる事になります。


戦争について、全くと言って良いほど知らない事だらけですが、
ナチスによるユダヤ人迫害については聞いた事ぐらいはあります。
しかし、現実はいかに残酷で悲しい事なのか、この映画で
ハッキリと描かれているのです。


それもそのはず、この映画の主人公であるピアニストのシュピルマンは
実在する人物であり、その自伝をもとに作られた映画なんです。
さらに、ロマン・ポランスキー監督も同じポーランド人で、
この戦争から生き延びた体験を重ね合わせて撮った作品なんですよね。

なので、ド派手な演出などは一切なく、オモチャのように
ナチスに殺されていくユダヤ人の様子がリアルに描かれています。

例を挙げると、

たまたますれ違った際、挨拶がないからと言って殴る。
車椅子の老人を、車椅子に乗せたまま建物の窓から落とす。
銃で撃ち殺した後、その死体をジープで踏んでいく…。


などなど、目を覆いたくなるような惨状が続きます。



さらに、迫害されたユダヤ人は飢餓にも苦しんでおり、道路には
常に死体が…。
正直、ほんと重い映画です。
将来に対する希望を持てる雰囲気が一切なく、時が経てば経つほど
状況が悪化していく。


この主人公シュピルマンも、生き延びれたのはただ運が良かっただけ
ですからね。
たまたま警察の人と知り合いだった、たまたま匿ってくれる知人がいた
ってだけの話で、いつ死んでもおかしくない状況でしたから。
事実、身を潜めていた部屋もすぐ危険にさらされ、次々と
移動するハメになる。

腹は減り雨水をすすりながら何とか生き延びる…。



そして圧巻だったのは、廃墟と化した街でした。
前半賑わっていた店、シュピルマンがピアノを弾いていた店等の
散乱ぶりや、ユダヤ人が締め出され、命からがら逃げ延びたシュピルマンが
歩く荒廃した街のシーンはスゴすぎでした。


ほんと、観終わってもまだ余韻が残ってます。
あまりに衝撃が強かったもので。

戦争映画はたくさんありますが、一人の男を通して描かれているこの映画、
是非観て欲しい素晴らしい映画です(^^)v

人気blogランキングへ

■カンタン応募で当たる≫≫■オリジナル映画鑑賞券≫≫■ペア100組200名様
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。