映画大好きなんで、新しい作品から古い作品、サスペンスからアニメまでジャンルを問わず紹介していきます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NANA2

img_237070_15612157_3.jpg

おすすめ度:★★☆☆☆

【STORY】
大崎ナナ(ナナ)と小松奈々(ハチ)は、東京での共同生活を楽しんでいた。
ナナのバンドBLACK STONESは、プロデビューに向けて精力的に動き出し、
ハチはナナの成功を心から願っていた
。ある日、ハチはレンの所属するTRAPNESTのタクミと再会。
二人は付き合うようになるが、タクミの冷たい態度にハチは、
すぐに別れを決意。
その後、BLACK STONESのノブに告白され、付き合い始めるが、
ハチはタクミの子供を身ごもっていた…。

映画ブログランキングへ


先日しっかりと前作を復習し、満を持して観たこの映画。

やはり、一番気になってたのがキャストの変更ですね!
ハチを始め、蓮に真一まで変わりましたから。


まず、ハチの方は最初にどうしても戸惑いを覚えましたが、
後述する二人の男の間で揺れる弱い?ズルい?女の姿は、
前作の宮崎あおいより良かった気がしました。


次に真一ですが、前作の松山ケンイチ君に比べ


子供っぽくない!?


原作を読んでないので分からないのですが、
どっちが原作のキャラクターのイメージに合ってるんですかね(?_?)

でも、ハチに対するあの『母性本能くすぐりキャラ』は、
松山ケンイチ君よりは良いかなと。


そして、蓮…。

これはキツかった(汗)
前作の松田龍平君の方がだんぜん良かったですね(悲)

しかも、今回は出番が全然ないし…。



そしてストーリー。


前作では、ナナとハチがお互いにとってなくてはならない存在に
なったところまで描かれていたので、今回その友情がどうなるか
楽しみにしてたんですけど、メインは


ハチとノブとタクミの三角関係でした。


典型的なヤリチンのタクミにハチはひどく傷つけられ、
その傷をノブが優しさで包む。

そんな二人の微笑ましいシーンが続く中、どこか不安があったんですよね。
その予感が的中し、結局強引なタクミをハチは選ぶ。


正直、男側から見るとズルいですよね。
自分が寂しい時だけ利用してるようなものだし。
むしろ、本当にハチの事を思ってるのはノブの方なのに…。

ほんと、『優しいだけの男はダメ』の典型的なパターンでした。



この流れから行くと、『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のウィルも
エリザベスをジャック・スパロウに持って行かれそうですね。


え~と、スイマセン話それました(苦笑)



そして、肝心のナナとハチ。


ナナがメジャーデビューが決まりそうになり、契約会社の人達と飲む事に
なったりと、段々ナナとハチの関係が変わりだした頃、ハチは


「自分はもういらないんじゃないか?」


と考えてるのに対し、ナナは


「どんなテクニックがあるメンバーが加わるより

も必要な存在」



と考えていた。

そのあたりからお互いの考え方のズレが生じてきて、
二人の関係がギクシャクしだす…。

しかし、ナナにとってハチは初めての友達の為、
どう接して良いか分からない…。


ほんと、こういう描写はうまく描かれているし、
人気が出る理由が分かりますね!


…ただ、


ナナ出番少なくない?Σ( ̄□ ̄;)


ナナも主役だよね?


なんか、出ずっぱりのハチに比べ要所要所でしか出てこない
印象が強いんですよね。


楽しみにしてたライブシーンも、ほんと

ちょこっとだけだったし(-_-#)



まぁ、トラネスはもっと可哀想でしたけど(苦笑)


う~ん、僕的には予想していた展開と違ってちょっと残念な映画でした。


最後に、全編通して非常に静かな映画になってるんで、
ポップコーンを食べる方は気をつけて下さい!



人気blogランキングへ

■カンタン応募で当たる≫≫■オリジナル映画鑑賞券≫≫■ペア100組200名様
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
本日は”バトン”をお持ちいたしました☆
その名も「いい女バトン」。

暇なときでいいのでやってみてくださいまっしっし☆
よろしくお願いします!楽しみにしてますねぇ。
詳しくは、ボクのブログで!今日アップしてま~す!
2006/12/14(木) 22:05 | URL | あっしゅ #-[ 編集]
ありがとうございま~す♪
★あっしゅさんへ
なんか楽しそうなバトンですね!
では、喜んで受け取らせてもらいます♪
2006/12/15(金) 02:40 | URL | カっツン #-[ 編集]
TB&コメントありがとうございます!
こんばんわ。

そうそう!!
ぶっちゃけ今回はナナの出番が少なかったですね(苦笑)。

シンちゃんに関しては、前のマツケンよりもずっとイメージに合っているし、もともとすごく子供っぽい美少年という設定なんですよ。たしか、年齢も16歳だったはず・・・。
でも演技はダメダメだったなあ・・・(泣)
2006/12/15(金) 19:36 | URL | 睦月 #-[ 編集]
こんばんは!
★睦月さんへ
やっぱりナナの出番が少なかったですよね!なんか、やたらファミレスにいた思い出があります。

真一は16歳なんですか?なら今回の方が合ってますね!

NANA情報ありがとうございました♪
2006/12/16(土) 20:00 | URL | カっツン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。