映画大好きなんで、新しい作品から古い作品、サスペンスからアニメまでジャンルを問わず紹介していきます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京ゴッドファーザーズ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2004/04/28)
売り上げランキング: 27832

おすすめ度:★★★★☆

【STORY】
東京・新宿。元競輪選手のギンちゃん、元ドラッグ・クイーンのハナちゃん、
家出少女のミユキのホームレス3人は、町の片隅で威勢よく生きていた。
そんな彼らはクリスマスの夜、ゴミ置き場の中からひとりの赤ん坊を
見つける。ギンちゃんは、すぐに警察に届けるべきだと主張するが、
ずっと赤ん坊を欲しがっていたハナちゃんは、勝手に“清子”と命名して
大はしゃぎ。
結局、ハナちゃんに押し切られる形で3人は自分たちで清子の親探しを
することに。手掛かりはスナックの名刺と数枚の写真だけ。
それでも3人は希望を抱いて奔走するのだが…。

映画ブログランキングへ

[東京ゴッドファーザーズ]の続きを読む
da7e1c55.jpg

おすすめ度:★★★★☆

【STORY】
夢に入り込み、夢を犯すテロリストに立ち向かう夢探偵“パプリカ”の
活躍を描くファンタジー・アニメ。
日本が誇るSF作家である筒井康隆の同名原作を、『千年女優』
『東京ゴッドファーザーズ』の今敏監督が映像化した。
ヒロインを人気声優の林原めぐみが務めるほか、古谷徹がこれまでの
イメージから一転、巨漢の男性の声に挑んだ。
圧倒的な技術力と想像力を惜しみなく投入し暴走する夢のアイデアを
具現化したパレードの描写は圧巻。

映画ブログランキングへ

[パプリカ]の続きを読む
lms-021.jpg

おすすめ度:★★★★★

【STORY】
サンダンスを始め、多くの国際映画祭で、スタンディング・オベーションの
絶賛を受けたロードムービー。
美少女コンテストのクィーンを夢見る少女とその個性的な家族が、
黄色いワゴン車に乗ってコンテスト会場を目指す姿を描く。
主人公の家族を演じるのは、『40歳の童貞男』のスティーヴ・カレル、
『イン・ハー・シューズ』のトニ・コレットら。
機能不全に陥った一家族が、旅を通して再生していくハートウォーミングな
展開が見どころ。
第19回東京国際映画祭で最優秀監督賞、最優秀主演女優賞、観客賞など
最多3部門を受賞した。

映画ブログランキングへ

[リトル・ミス・サンシャイン]の続きを読む
スーパーマン ディレクターズカット版
ワーナー・ホーム・ビデオ (2001/08/23)
売り上げランキング: 35185

おすすめ度:★★★★☆

【STORY】
誰もが知っているアメコミのヒーローを巨費を投じて復活させた超娯楽作。
素朴な田舎を背景に少年時代のスーパーマンを描いた、郷愁に満ちた
序盤からデイリー・プラネットの記者として活躍する本編に入っても、
暖かみを伴った面白さは一瞬たりとも揺らぐ事は無く、
悪の天才レックス・ルーサーの陰謀を食い止めるクライマックスまで
一気に見せきる。

映画ブログランキングへ

[スーパーマン]の続きを読む
cd256b45-s.jpg

おすすめ度:★★★★★

【STORY】
第2次世界大戦時の最も悲劇的な戦いと言われる“硫黄島の戦い”を、
日本側の視点から描いた戦争映画。
硫黄島でアメリカ軍を悩ませた伝説の陸軍中将である栗林忠道と
彼の部下たちによる死闘が描かれる。
監督は『ミリオンダラー・ベイビー』のクリント・イーストウッド。
『ラスト サムライ』の渡辺謙、嵐の二宮和也ら、日本人俳優が出演する。
イーストウッドが日米双方の視点から“硫黄島の戦い”を描く
“硫黄島プロジェクト”第2弾作品としても注目だ。

映画ブログランキングへ

[硫黄島からの手紙]の続きを読む
ナイロビの蜂
ナイロビの蜂
posted with amazlet on 07.01.21
日活 (2006/11/10)
売り上げランキング: 777

おすすめ度:★★★★★

【STORY】
『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督が、
冒険小説の巨匠ジョン・ル・カレの原作を映画化。
妻の死に世界的な陰謀の存在を嗅ぎ取った主人公の心の旅路を、
ナイロビの雄大な自然を背景に映し出す。
命を賭けて謎に迫る夫を『イングリッシュ・ペイシェント』の
レイフ・ファインズ、不慮の死を遂げる若妻を『コンスタンティン』の
レイチェル・ワイズが熱演する。
愛の強さと尊さを壮大なスケールで描き出す感動作。

映画ブログランキングへ

[ナイロビの蜂]の続きを読む
MPW-19491.jpg

おすすめ度:★★★☆☆

【STORY】
少年たちが力を合わせ、何でも飲み込んでしまう“モンスター・ハウス”
に立ち向かうアドベンチャーアニメ。
必死に化け物屋敷に挑む子どもたちの姿をユーモラスにみせる。
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズなどの黄金コンビ、
スティーヴン・スピルバーグとロバート・ゼメキスが製作総指揮を
務めたことでも話題を呼んでいる。
誰もが一度は空想するお化け屋敷の物語をひねりの効いた感動作に
仕上げるあたりの手腕はさすがだ。

映画ブログランキングへ

[モンスター・ハウス]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。